1. HOME
  2. 記事
  3. 元素別カタログ
  4. Li

記事

Article

元素別カタログ

Li

原子番号(atomic No.) 3
原子量(atomic weight) 6.940

クラーク数6×10−3(第27位)のアルカリ金属の一つ。岩石中の含量は微量であるが分布は広い。主要鉱石はリチア雲母,ペタル石,アンブリゴ石。南ローデシアにはリチア雲母の大資源がある。製造は塩化リチウムの溶融塩電解によっている。

物理的性質

銀白色の軟らかい金属。固体の単体の中では最も軽い金属である。0.531 180.5 1,327 0.84 56×10−6 84.8 9.35

密度(ℊ/㎤)at 20℃ 融  点(℃) 沸  点(℃) 比  熱(cal/ℊ)
at 20℃
熱膨張係数
at 0〜100℃
熱伝導度(W・m−1・K−1)at 300K 抵 抗 率(μΩ・㎝)at 20℃
0.531 180.5 1,327 0.84 56×10−6 84.8 9.35
化学的性質

乾燥した空気中ではほとんど酸化されないが,200℃以上では燃えて酸化リチウムとなる。なお通常の空気中では酸化されるので油中保存,不活性ガス中に保存される。室温で水と反応する。硝酸と激しく反応し,希塩酸,希硫酸に容易に溶け,濃硫酸に徐々に溶ける。

用途

金属としての用途は第一次大戦中にドイツがPb-Li合金,Li添加したAl-Zn合金を使用して以来見
出された。
(1)純金属としては,各種の有機化学反応,原子炉材として制御棒に利用,重合触媒としても他
のアルカリ金属と異に特性を示す。
(2)合金元素としてMg-Li(8〜12%),Al-Zn系時効性合金に0.1%添加,亜鉛合金に0.005%添加,
鉛合金への添加,バーンメタルヘ0.04%の添加など多数の応用例がある。
(3)鋼材,鋳鉄,銅合金などの脱酸剤として使用される。

CodeNo. Symbols Purity Form Unit Price
LiMEGR01 In 2N 粒状 100ℊ 要問い合せ
LiMEIN01 2N スティック状 3〜7㎜ 100ℊ 要問い合せ

関連記事