1. HOME
  2. 記事
  3. 元素別カタログ
  4. Mn

記事

Article

元素別カタログ

Mn

原子番号(atomic No.) 25
原子量(atomic weight) 54.94

クラーク数0.09(第12位)。Feに次いで最も広く分布する重金属で,殆んど全ての場所に見出される。鉱石としてはパイロルース鉱 MnO2,ブラウン鉱 3Mn2O3・MnSiO3,水マンガン鉱Mn2O3・H2O,サイロメレン鉱,菱マンガン鉱があり,鉄の鉱石にもかなりマンガンは含まれる。製法は酸化物を炭素で還元するかテルミット法あるいは電解によっている。α,β,γ,δの四同素体があり,α⇄β700°,β⇄γ1079°,γ⇄δ1143°。テルミット法ではαとβの混合物,電解法ではγが得られる。

物理的性質

純粋なものは銀白色,炭素を含んだものは灰色。室温で安定なαマンガンは鉄に似ているが鉄より硬く,脆い金属。

密度(ℊ/㎤)at 20℃ 融  点(℃) 沸  点(℃) 比  熱(cal/ℊ)
at 20℃
熱膨張係数
at 0〜100℃
熱伝導度(W・m−1・K−1)at 300K 抵 抗 率(μΩ・㎝)at 20℃
7.42 1,244 2,097 0.115 23×10−6 7.81 160(α)
化学的性質

空気中で塊状のものは表面が酸化されるがそれ以上には進まない。粉末は酸化されやすい,時によっては発火の危険がある。容易に希酸に溶けH2を発生し,Mn(Ⅱ)塩となる。濃硫酸および硝酸と反応して,夫々SO2およびNOを発生する。Al,SnあるいはSbとの合金は熱処理により強磁性を示し銅を加えると強磁性を増す(ホイスラー合金)。

用途

工業的には製鋼用のフェロマンガンが重要で,鋼材の有害成分Sを制御する元素であり,また脱酸剤としても一般的である。
合金添加元素として各種鋼材はもちろんAl合金,Mg合金にも添加される。また銅およびその合金一般にも脱酸,機械的性質の改善,耐食性などの向上のために添加されている。

CodeNo. Symbols Purity Form Unit Price
MnMEPW01 Mn 2N5 粉末 −#200 500ℊ ¥ 10,000
MnMETB01 2N5 タブレット φ20×5t 1P ¥ 50,000
MnMETA01 2N5 ターゲット φ2″×5t 1P ¥ 70,000
MnMETA02 2N5 φ3″×5t 1P ¥ 90,000
MnMETA03 2N5 φ4″×5t 1P ¥110,000
MnMETA04 2N5 φ5″×5t 1P ¥135,000
MnMETA05 2N5 φ6″×5t 1P ¥160,000

その他の形状も承っております。ご相談下さい。

マンガン合金

Fe-Mn(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Ir-Mn(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Ir-Rh-Mn(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Ni-Mn(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Pt-Mn(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Rh-Mn(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
その他のマンガン合金も承っております。ご相談下さい。

関連記事