1. HOME
  2. 記事
  3. 元素別カタログ
  4. Ta

記事

Article

元素別カタログ

Ta

原子番号(atomic No.) 73
原子量(atomic weight) 180.95

フルオロタンタル酸カリウムのナトリウム還元または溶融塩電解により製造される。Naとフッ化物を鋼板製反応器の中に交互に詰めて昇温すると発熱反応で金属になるので冷却紛砕し水洗する。
電解はニッケル溶器でK2TaF7+KF+KCl浴に酸化タンタルTa2O5を溶かし陽極・陰極に黒鉛を用い750℃で電解する。これでできるものは粉末状なので,これを加圧成形して1ⅿ位の棒状にし,直接タンタル棒に電流を通じ焼結すれば,理論値の約90%の密度のものが得られ,これを冷間圧延・鍛造して焼結をくり返すとより細密なものが得られる。

物理的性質

タンタルは灰黒色金属,d=16.6(インゴット),d=14.49(粉末)である。

密度(ℊ/㎤)at 20℃ 融  点(℃) 沸  点(℃) 比  熱(cal/ℊ)
at 20℃
熱膨張係数
at 0〜100℃
熱伝導度(W・m−1・K−1)at 300K 抵 抗 率(μΩ・㎝)at 20℃
16.6 2,990 5,499 0.033 6.5×10−6 57.5 13.5
化学的性質

水に侵されず,フッ化水素酸・融解アルカリに可溶。HCl,HNO3,H2SO4に不溶。展延性をもち耐力性に富んでいる。水素の吸蔵力が大きく,暗赤色に加熱すると740容の水素を吸蔵しこれを真空処理すると3/4の水素が抜け,残りがタンタルと結合してこれをもろくする。

用途

最も大きい用途は化学工業での耐酸材料としてである。熱交換器,ノズル,加熱器,冷却器などである。また,融点が高く,高温でも硬く,蒸気圧が小さいので真空管材料として利用され。またゲッター効果もある。

 

CodeNo. Symbols Purity Form Unit Price
TaMEPW01 Ta 3N 粉末 −#325 25ℊ ¥ 10,000
TaMETA01 3N ターゲット φ2″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA02 3N φ3″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA03 3N φ4″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA04 3N φ5″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA05 3N φ6″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA06 4N φ2″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA07 4N φ3″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA08 4N φ4″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA09 4N φ5″×5t 1P 要問い合せ
TaMETA10 4N φ6″×5t 1P 要問い合せ

その他の形状も承っております。ご相談下さい。

 

タンタル合金

Ta-Al 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Ta-Mo 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Ta-Ni 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
Co-Zr-Ta 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
その他のタンタル合金も承っております。ご相談下さい。

関連記事