1. HOME
  2. 記事
  3. 元素別カタログ
  4. W

記事

Article

元素別カタログ

W

ウォルフラムという名称は,原鉱のWolframite(Fe,Mn)WO4(鉄マンガン重石)に由来する。比較的広く存在するが量は余り多くない。クラーク数6×10-3(第26位)。主としてタングステン塩として存在する。

物理的性質

白色ないし灰白色の光沢ある金属。α,βの2態があり,αが安定形で,融解リン酸塩の電解あるいはWO3の550℃以下での水素還元により得られるβ型は自然性で空気中で発火し,600〜700℃で不可逆的にα型となる。

密度(ℊ/㎤)at 20℃ 融  点(℃) 沸  点(℃) 比  熱(cal/ℊ)
at 20℃
熱膨張係数
at 0〜100℃
熱伝導度(W・m−1・K−1)at 300K 抵 抗 率(μΩ・㎝)at 20℃
19.3 3,380 5,727 0.032 4.5×10−6 173 5.4
化学的性質

乾燥空気中ではα型は安定であるが,湿気により酸化が始まる。粉末は300℃で酸化,500℃以上でWO3となる。酸化物の生成熱が大きく,各種の金属酸化物を還元する。例えば700℃でSb2O3,PbO,CuO,2000℃でAl2O3,MgO,ThO2,ZrO2を還元する。水とは常温で反応せず,高温で酸化物となる。希HCl,希H2SO4では冷時反応せず,熱時わずかに侵される。濃HNO3は粉末タングステンとは熱時急速に反応して,WO3をつくる,王水は冷時表面を侵す。アルカリ溶液とは反応しないが,粉末は溶けてタングステン酸塩となる。

用途

純金属としては電球のフィラメント,X線管の対陰極,溶接用電極,高溶融金属溶解用のアーク炉の電極,真空管,電気接点,熱膨張率が小さいのでガラス封入線に使用される。
合金としては高速度鋼に18%まで添加,永久磁石鋼に5〜6%,ステライト系の耐熱耐食合金に5〜22%添加される。炭化物は非常に硬く,焼結炭化物合金として工具に使用される。

 

CodeNo. Symbols Purity Form Unit Price
WOMEPW01 W 3N 粉末 2〜4㎛ 100ℊ  ¥ 6,000
WOMEPW02 4N 1〜5㎛ 100ℊ  ¥ 8,000
WOMETA01 3N ターゲット φ2″×5t 1P ¥ 60,000
WOMETA02 3N φ3″×5t 1P ¥ 90,000
WOMETA03 3N φ4″×5t 1P ¥ 120,000
WOMETA04 3N φ5″×5t 1P ¥ 170,000
WOMETA05 3N φ6″×5t 1P ¥ 230,000

その他の形状も承っております。ご相談下さい。

 

タングステン合金

W-Ti(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
W-Mo(焼結) 各種タブレット,ターゲット承っております。ご相談下さい。
その他のタングステン合金も承っております。ご相談下さい。

関連記事