トップへ
株式会社 豊島製作所  マテリアルシステム事業部
株式会社豊島製作所 マテリアルズシステム事業部Phone0493-24-6774
株式会社 豊島製作所  マテリアルズシステム事業部Phone0493-24-6774

Japanese Journal of Applied Physics誌に熱電変換材料に関する共著論文が掲載されました

Japanese Journal of Applied Physics誌に産業技術総合研究所様、㈱Eサーモジェンテック様と共同で開発を行いましたフレキシブル熱電発電モジュールに関する技術論文がオンライン掲載されました。

論文タイトル
「Large-scalable fabrication of improved Bi–Te-based flexible thermoelectric modules using a semiconductor manufacturing process」

本報告の概要は以下の通りです。
「熱電変換材料の中でもBi–Te系はパワー密度が高く柔軟性があり任意の熱源を使用できるという利点があります。
今回、電極の改善による接触抵抗の低減と工法の改善によるBi-Te系熱電変換素子の性能向上により、フレキシブル熱電発電モジュールの出力を大幅に改善することに成功しました。ΔT= 70 Kでの出力は87mWcm-2となっており、従来のプロトタイプの1.3倍の性能となっています。
また、耐久性テスト(10000サイクルの機械的曲げテスト,1000サイクルの熱応力テスト)を実施した結果、モジュールの内部抵抗に大きな変化は発生しませんでした。」

なお、本研究に使用した弊社製の熱電変換素子は、すでに製品として販売しております。