リチウムイオン電池材料

content11-title.png

液体電解質の安全性より、近年注目され、研究が盛んになっているのが、電池の構成に液体を全く含まない「全固体型リチウムイオン二次電池」です。「全固体」ですから、電解質に液体を全く含みません。したがって、従来のリチウムイオン二次電池の弱点であった液漏れ等の安全性の観点についての懸念が消えます。当社はLLZに代表される固体電解質材料を幅広く提供しています。また、正極/電解質または負極/電解質における界面構造がリチウムイオン二次電池の特性向上に向けて非常に重要であることが近年明らかになってきました。さらなる特性向上に向けて、薄膜化は精密な界面制御を行うために適した方法です。当社はリチウム薄膜電池用ターゲット材としてもさまざまな材料を提供しております。

​電池材料

LLZ
POWDERS

  • 単相を作製可能

  • 粒径1~数μm

  • Ta、Nb置換、組成比等、カスタマイズ対応可能

content11-ph3.jpg

LLZ
TARGETS

content11-ph2.jpg
  • 形状:各種サイズを製作可能

  • 密度 約4.34~g/cm3
    (理論値 5.11g/cm3)

  • 相対密度90%以上実績有り

LLZ
SHEETS

  • 50×50mmまで実績あり

  • 高密度品を作製可能

  • 200μm厚まで作製可能

content11-ph1.jpg

*その他の材料でも作製可能。ご相談ください。

正極材料

*組成は一例です。

​固体電解質

負極材料

dot-e.png

XRD peak chart of LLZ target

content11-ph4.png