熱電変換材料

content23-title.png

エネルギーハーベストを目的とした熱電変換材料が注目されております。豊島製作所では10年以上の材料開発のノウハウを基に、新しい熱電変換材料を提供しております。

金属系[Nタイプ]

金属系[Pタイプ]

酸化物系

接合タイプ

※その他の材料でも作成可能。ご相談ください。

An example of Junction material
content23-fig1.png
Segment type
Bi2Te3(N-type)& Bi0.3Sb1.7Te3(P-type)
content23-fig3.png
content23-fig2.png
netsuden_table.png
MnSi1.73
content23-fig4.png
Mg2Si
content23-fig5.png
dot-e.png

Bi2Te3+α(n型) 新熱電変換材料

BiTe系熱電変換材料の研究開発は長期間進められてきましたが、p型と比較してn型の性能が低く、ペルチェ素子が製品化されたのに対して、発電素子としての実用化は遅れていました。今回、当社が開発したBi2Te3+α(n型)は、50℃から150℃の低温領域において、性能評価ZTが0.8から0.94と高い数値を示し(社内評価データ)、発電用素子としての利用まで見込める将来性のある材料です。また、実用化に向けたもう一つの課題として、一般的に添加元素は毒性のあるSeが多く使用されていました。今回開発したBi2Te3+αでは、Seなどの毒性ドーパントを使用しておらず、採用可能なアプリケーションが大きく広がる可能性を秘めています。この試作サンプルの供給を開始いたしました。形状、納期等詳細についてはお問い合わせください。

netsuden_table2.png

エネルギーデバイス材料