会社概要

  • 商号     株式会社豊島製作所

  • 事業所    埼玉県東松山市下野本1414
           敷地:24,968m2 
           建物:11,922m2

  • 子会社    TOSHIMA(THAILAND)CO.,LTD.

  • 設立     昭和20(1945)年5月15日

  • 資本金    9,900万円

  • 従業員数   194名(男性155名 女性39名)

profile-fig1.jpg
  • 代表者    代表取締役社長 新居 英一

株式会社豊島製作所 東松山本社
  • 事業内容  【部品事業部】
           冷間鍛造加工及びプレス加工(切削+アッセンブリ)
          【マテリアルズシステム事業部】
           薄膜材料の開発・製造

  • 取引銀行   東和銀行 東松山支店
           日本政策金融公庫 埼玉支店
           三菱東京UFJ銀行 川越支社

  • 事業部    マテリアルズシステム事業部
           部品事業部

profile-fig3.jpg
トシマタイランド(タイ・チョンプリ)

スローガン

「マテリアルで世界の技術開発に貢献!」

自社開発で出来ることはほんのわずか。
しかし、材料の供給によって世界中のたくさんの研究開発を支えることは大きな社会貢献と考えています。
私たちにとって未知の材料であっても、短期間で提供できるよう日々挑戦し続けています。

私たちの姿勢はSDGsの達成にも繋がっています。

​沿 革

  • 昭和20年  5月先代社長 木本宗吉が東京都豊島区千早町において豊島航空機(株)を設立。
          スピーカー磁気回路部品(ヨーク)を製造

  • 昭和24年  10月社名を(株)豊島製作所と改称

  • 昭和46年  3月自社製品の製造販売を目的として、(株)トシマを設立

  • 昭和46年  12月本社を埼玉県東松山市に移転

  • 昭和57年  11月木本大作が社長に就任

  • 平成5年   4月東松山工場敷地内に新社屋完成

  • 平成5年   9月マテリアルズシステム事業部を新設

  • 平成6年   9月スパッタリングターゲット材製造設備を増強

  • 平成10年  5月スパッタリング装置導入

  • 平成11年  4月MOCVD部門を設立

  • 平成12年  2月彩の国ビジネスプラン 第一回大賞受賞

  • 平成12年  7月ISO9001認証取得

  • 平成13年  12月資本金を9,416万円に増資

  • 平成14年  12月MOCVD工場の設備一新

  • 平成17年  1月資本金を9,900万円に増資

  • 平成17年  10月環境マネジメントシステムKES ステップ2認証取得

  • 平成18年  9月第二工場完成

  • 平成23年  1月木本大作(前社長)が会長・木本健太郎(前常務取締役)が社長に就任

  • 令和元年  12月株式会社技術承継機構 代表取締役 新居 英一が社長に就任

アクセス

自動車

東武東上線東松山駅下車(池袋駅から急行で55分)。東松山駅東口よりタクシーで7分。
JR熊谷駅北口から国際十王バスで東松山駅下車(約40分)。東松山駅東口よりタクシーで7分。

関越自動車道東松山ICを下り(練馬ICから約30分)、国道254号線にそって川越方面へ10分。
オートバックス隣り。

国道254号線側の入口から入られた場合は、事務所・お客様駐車場は裏手になります。
工場内地図をご覧ください。→

profile-fig2.jpg

​電車